オーダーらしい、記念にいかがですか!!

【オーダースーツ Tailor Fukuoka Blog】

皆様、こんにちは。

銀座店の長井です。

明日から12月。

年末は何かと忙しいと思います。

体調には十分お気を付けください。

さて今回は、

自分のコート、

それも【ネーム】の紹介です。

こんな感じです!!

【Good Job!】

私の好きな登山のマンガ。

その主人公が得意としている

フレーズです。

店舗でもよく親指を立てて

言っていました。

それをスタッフ嶌野が聞いていて

今回のコートに付けてくれました。

今回のコートは嶌野プロディースです!!

良い感性をしてますね!!

モスグリーンのフランネルでオーダーした

アルスター・コートです。

オーダースーツ・コートなどの

ネームは無料です。

ある程度は色々な文字が入れられます。

ぜひオーダーの記念にお試しください!!

日時:2018年11月30日 12:25 |

スキャバルコーデ

【Tailor Fukuoka Shinjuku Blog】

皆さまこんにちは

テーラーフクオカ新宿店の前田です。

 

今回ご紹介する生地はこちら

 

Super 130s  SCABAL 

¥84,000+tax

 

 

特徴はこの滑らかさと艶。

観て触れてわかる高級感と

色の発色の良さです。

もちろん、仕上がりの立体感も格別ですよ!

 

縫製は

Prestige Line / ¥20,000+tax

をお勧め致します。

 

総毛芯により、前身頃がふんわりとした

立体感を演出。

また各工程において、

こまめにプレスを施している点が

すべてです。

着心地はもちろんですが、

外から見ても綺麗っていいですよね。

 

電車の中や、町を歩いていても、

いい意味で目立ってしまいますね(^^♪

 

こちらのスーツで

こんなコーディネート等はいかがですか?

 

 

サックスブルーのクレリックシャツに、

ブラウンのドットのネクタイを合わせて

「英国紳士」っぽく仕上げてみました。

 

ぜひ、店頭で生地に触れてみてください。

皆さまのご来店を

心よりお待ちしております。

 

 

 

*営業時間変更のお知らせ

誠に勝手ながら

10/1より営業時間を変更させていただきます

月~土 11:00~20:00

日(もしくは連休の最終日)11:00~18:30

何卒宜しくお願い致します。

 

-----------

コラムや写真など

 コチラから

Tailor Fukuoka

Facebook Instagram

tailor-fukuoka-facebook 

 

日時:2018年11月27日 12:00 |

C Model 《チャールズモデル》 デビュー

【オーダースーツ TailorFukuoka Blog】

 

こんにちは

テーラーフクオカ銀座店の豊島です。

 

この12月から我々の

型紙のラインナップに新たに

イングリッシュカットが特徴的な

チャールズというモデルが加わります。

 

C Model ブリティッシュ スタイル

Prestige Line

“Charles-チャールズ-”

Order Suit +20,000+tax

 

これまで本格的なブリティッシュスタイルの

ご用意はしておりませんでしたので

Tailor Fukuokaとしては

久々なブリティッシュスタイルのご提案です。

 

モデル一覧ページも更新しましたので

そちらもご覧ください。

 

Tailor Fukuoka C model チャールズ ブリティッシュスタイル-2

 

最大の特徴はこの構築的な肩です。

所謂、ロープドショルダーと呼ばれる

肩先に高さがあり

男らしい肩の表情が出るショルダーラインです。

 

ブリティッシュスーツ イメージ キングスマン

 

わかりやすい例を出すとすれば

映画キングスマンシリーズにみられる

名優コリン・ファースの肩先の表情です。

 

ブリティッシュスーツ イメージ キングスマン-2

 

二作目のゴールデンサークルでは主演を務めた

タロン・エガートンはロープドショルダーというよりは

ややナチュラルなショルダーラインで

コリン・ファースの肩先のほうが

より構築的なロープドショルダーに

なっておりました。

 

制作サイドもおそらく若いタロン・エガートンではなく

年長のコリン・ファースにこそ

このショルダーラインのスーツを合わせるべきだと

考えたのだと思います。

 

 

Tailor Fukuoka C model チャールズ ブリティッシュスタイル

 

私自身の身体に合わせ

チャールズのサンプルを作成しました。

感想としては陳腐なフレーズにはなってしまいますが

最近のスーツにはない重厚感(昔ながらの総毛芯ですので)と

イタリアンクラシコとは全くもって

種類の違うフィット感でした。

 

Tailor Fukuoka C model チャールズ ブリティッシュスタイル-3

 

アームホールは縦方向に長いスーツらしいカタチながら

全長としては小さめでややタイトな印象です。

スリーブはやや細めなのですが

最近のスキニーフィットスーツのような

部類の細さではありません。

 

ボタン位置は標準的な高さであるものの

やや絞り位置が高い印象ですので

胸からのウエストの絞りまで距離も短いため

シェイプはやや強調されてみえます。

 

個人的に好印象なのは高い絞り位置から

スソに向かい緩やかに広がっていく

ドレープが色っぽいことです。

ロープドショルダーも気に入ってはいますが

一番グッときているのは実はココです。

 

いよいよ12月から

このチャールズモデルが

オーダーいただけますので

イングリッシュカッティングを

ご体感ください。

 

銀座店 豊島

-----------

コラムや写真など

 コチラから

Tailor Fukuoka

Facebook Instagram

tailor-fukuoka-facebook 

 

日時:2018年11月26日 21:44 |

素材を楽しむ

 

Tailor Fukuoka Giza Blog

 

皆さまこんにちは。

テーラーフクオカ銀座店の

波多野でございます。

 

今回はジャケット生地のご紹介。

 

チェルッティJK生地1

84-2855/84-2828

Order Jacket ¥38000 (+tax) 

 

チェルッティの三者混生地。

チェルッティはイタリアのミル。

CERRUTI 1881の名で

プレタポルテの展開もしており、

イタリアを代表するブランドの一つです。

 

三者混は異なる3つの素材の掛け合わせのこと。

ご紹介の生地はウール、

コットン、シルクです。

 

夏にはウール、シルク、

リネンの三者混が定番で、

イタリア生地に多く見られます。

 

今回の生地は染色性や特性(伸縮性や形態性)の

安定したウールに、ハリや素材感のあるコットンと

発色と見た目の柔らかさのあるシルクをブレンド。

 

チェルッティJK生地2

 

それぞれのメリットを

生かしたゆえのカラーや生地感。

所々に入ったネップ(節)がいい味を出してます。

 

私も同じ素材の三者混のジャケットを

持っていますが、着るほどに

素材の特徴が出てきてとても楽しいです。

 

最初はコットン、シルク混紡ゆえの

パリッとコシがあるものの、

だんだん柔らかく馴染んできますよ!

 

三者混は特性の異なる素材のブレンドで

あるため物性はスーツ生地に比べると弱めです。

 

スーツ生地はパンツに求められる耐久性や

安定性が必要不可欠であり、

それを加味して織られています。

 

なのでジャケットのみの使用が想定された

生地の方が華やかで、織りも様々、

異素材のブレンドが叶うわけです。

 

ふんわりし、暖かな生地感の

ジャケットは秋冬ならでは。

 

ぜひ季節に合わせた生地で

オシャレをお楽しみください。

 

 

*営業時間変更のお知らせ

誠に勝手ながら

10/1より営業時間が変更となっております。

月~土 11:00~20:00

日(もしくは連休の最終日)11:00~18:30

何卒宜しくお願い致します。

-----------

コラムや写真など

 コチラから

Tailor Fukuoka

Facebook Instagram

tailor-fukuoka-facebook 

 

日時:2018年11月26日 11:00 |

お客様紹介~アムンゼン

Tailor Fukuoka Shinjuku Blog

 

皆様、こんにちは。

 

テーラーフクオカ新宿店の木村です。

 

只今公開中の「ファンタスティックビースト」に

私の好きな俳優の1人

名作映画「ガタカ」にも出ている

ジュード・ロウが出演しているらしく

観に行くのが非常に楽しみです。

 

さて、本日はこちらのお客様をご紹介します。

 

アムンゼン

K様です。

 

今回、少し変わった雰囲気の生地で

オーダーいただきました。

こちらの生地は、私たちの今季コンセプト

「アムンゼン」という生地です。

 

 

アムンゼン

 

シルク混による鈍い光沢と

ザラっとした質感が特徴で

派手さこそありませんが

普通のスーツとは違う雰囲気が

いい感じです。

 

サイズ感は全体的にスマートですが

スラックスには1タックを入れ

フロント釦は3釦の段返り仕様。

これからのスーツには

タックを入れるのがおススメですよ。

 

先日、南もアムンゼンのスーツを

ご紹介していましたが、派手すぎず

周囲と差を付けたいスーツをお探しの方は

いかがでしょうか?

 

K様、この度は当店をご利用いただきまして

ありがとうございます。

また、何かございましたらお気軽に

ご相談ください。

 

 

*営業時間変更のお知らせ

誠に勝手ながら

10/1より営業時間が変更となっております。

月~土 11:00~20:00

日(もしくは連休の最終日)11:00~18:30

何卒宜しくお願い致します。

 

-----------

コラムや写真など

 コチラから

Tailor Fukuoka

Facebook Instagram

tailor-fukuoka-facebook 

日時:2018年11月23日 7:00 |