豆知識

波多野オススメYS衿型ベスト3

Tailor Fukuoka Ginza Blog

 

皆様こんにちは。

テーラーフクオカ銀座店の

波多野でございます。

 

おかげさまでテーラーフクオカでは

オーダーシャツもご好評です。

デザインで皆様がいつも

お悩みになるのが衿型。

 

そんな皆様の力になりたい!

波多野悩みに悩んだ結果、

独断と偏見のランキングを

発表することとなりました。

 

参考にするも反面教師にするかは

アナタ次第です。(古い…)

 

それでは波多野オススメ

シャツ衿型ベスト3の発表です!!

 

第3位は!!

 

ナポリボタンダウン!!

 

 

 

今やクールビズの定番に。

テーラーフクオカで最新かつ

最も人気のあるボタンダウン(BD)。

 

衿のアーチを効かせることで立体感が出ています。

またタイスペースを少し確保しているので

ネクタイを締めても収まりが良いのが加点対象に。

 

 

ナポリボタンダウン テーラーフクオカ オーダーシャツ タイスペース

 

BDにあえてネクタイをする場合は

ボタンを外すのもポイント。

ジャケパン~カジュアルスーツ

までカバーできますよ。

 

 

第2位は!!

 

ラウンドタブです!

 

ラウンドタブ3

 

 

衿の真ん中あたりに

紐がついており、タイの下で繋ぎます。

 

ラウンドタブ

 

すると写真のように衿がキュッとなります。

タイが上に持ち上がりVゾーンに

立体感がプラスされます。

しっかりとまるので動くたびに

タイが緩むことがありません。

 

ジェームズ・ボンドのように

スーツで全力疾走する方、

おすすめですよ!

 

 

そして栄えある第1位は!!

 

サルトリアワイドです!!

 

サルトリアワイド オーダーシャツ 衿型-1

 

スーツスタイルには定番のワイドカラー。

従来あったワイドは

衿先にかけての線が直線的でした。

なのでキッチリ見えて真面目な印象。

英国らしい衿型でした。

(個人的には大好きです。)

 

サルトリアワイドタイドアップイメージ

 

ご覧の通りサルトリアワイドは

衿先にかけて美しいアーチがきいています。

 

平面の生地を体に沿わせるため、

洋服には曲線が欠かせません。

それが衿型にも現れるところに

ビスポークを感じられます。

 

立体感と柔らかな印象がVゾーンを

華やかにしてくれますよ。

 

スーツは秋冬だけという方も

シャツは年中着用するのではないでしょうか。

ぜひピッタリのシャツをテーラーフクオカで!

その際は波多野衿型ランキング、

参考のひとつとしてください。

 

ありがとうございました!

 

*営業時間変更のお知らせ

誠に勝手ながら

10/1より営業時間が変更となっております。

月~土 11:00~20:00

日(もしくは連休の最終日)11:00~18:30

何卒宜しくお願い致します。

 

-----------

コラムや写真など

 コチラから

Tailor Fukuoka

Facebook Instagram

tailor-fukuoka-facebook 

 

日時:2018年12月06日 11:00 |

C Model 《チャールズモデル》 デビュー

【オーダースーツ TailorFukuoka Blog】

 

こんにちは

テーラーフクオカ銀座店の豊島です。

 

この12月から我々の

型紙のラインナップに新たに

イングリッシュカットが特徴的な

チャールズというモデルが加わります。

 

C Model ブリティッシュ スタイル

Prestige Line

“Charles-チャールズ-”

Order Suit +20,000+tax

 

これまで本格的なブリティッシュスタイルの

ご用意はしておりませんでしたので

Tailor Fukuokaとしては

久々なブリティッシュスタイルのご提案です。

 

モデル一覧ページも更新しましたので

そちらもご覧ください。

 

Tailor Fukuoka C model チャールズ ブリティッシュスタイル-2

 

最大の特徴はこの構築的な肩です。

所謂、ロープドショルダーと呼ばれる

肩先に高さがあり

男らしい肩の表情が出るショルダーラインです。

 

ブリティッシュスーツ イメージ キングスマン

 

わかりやすい例を出すとすれば

映画キングスマンシリーズにみられる

名優コリン・ファースの肩先の表情です。

 

ブリティッシュスーツ イメージ キングスマン-2

 

二作目のゴールデンサークルでは主演を務めた

タロン・エガートンはロープドショルダーというよりは

ややナチュラルなショルダーラインで

コリン・ファースの肩先のほうが

より構築的なロープドショルダーに

なっておりました。

 

制作サイドもおそらく若いタロン・エガートンではなく

年長のコリン・ファースにこそ

このショルダーラインのスーツを合わせるべきだと

考えたのだと思います。

 

 

Tailor Fukuoka C model チャールズ ブリティッシュスタイル

 

私自身の身体に合わせ

チャールズのサンプルを作成しました。

感想としては陳腐なフレーズにはなってしまいますが

最近のスーツにはない重厚感(昔ながらの総毛芯ですので)と

イタリアンクラシコとは全くもって

種類の違うフィット感でした。

 

Tailor Fukuoka C model チャールズ ブリティッシュスタイル-3

 

アームホールは縦方向に長いスーツらしいカタチながら

全長としては小さめでややタイトな印象です。

スリーブはやや細めなのですが

最近のスキニーフィットスーツのような

部類の細さではありません。

 

ボタン位置は標準的な高さであるものの

やや絞り位置が高い印象ですので

胸からのウエストの絞りまで距離も短いため

シェイプはやや強調されてみえます。

 

個人的に好印象なのは高い絞り位置から

スソに向かい緩やかに広がっていく

ドレープが色っぽいことです。

ロープドショルダーも気に入ってはいますが

一番グッときているのは実はココです。

 

いよいよ12月から

このチャールズモデルが

オーダーいただけますので

イングリッシュカッティングを

ご体感ください。

 

銀座店 豊島

-----------

コラムや写真など

 コチラから

Tailor Fukuoka

Facebook Instagram

tailor-fukuoka-facebook 

 

日時:2018年11月26日 21:44 |

サルトリアワイドについて

【オーダースーツ TailorFukuoka Blog】

 

こんにちは

テーラーフクオカの豊島です。

 

サルトリアワイド オーダーシャツ 衿型-1

 

このたびテーラーフクオカの

オーダーシャツの衿型に

新たなデザインが加わりました。

「サルトリアワイド」というデザインネームで

リリースされています。

 

ずっと開発に携わっていた私としては

ようやくカタチになったと

もうなんだか達成感といいますか

充実感に似た気持ちですでに胸がいっぱいです。。

 

 

今回はこの衿型について

なるべく詳しく書いていこうと思います。

 

まずこのサルトリアワイドの

最大の特徴は

衿ポイント先までのアーチです。

 

サルトリアワイド オーダーシャツ 衿型-2

 

お手本にしたのは

シャツの聖地と言っても過言ではないナポリで

サルトが顧客の首元に合わせて

丁寧に線を引かれたような衿先の表情。

 

サルトリアワイドカラーイメージ-1

 

サルトリアワイドカラーイメージ-2

 

サルトリアワイドカラーイメージ-3

 

これらの画像は衿型を開発する際に

社内資料として工場さんに

持ち込んだイメージの一部です。

 

お分かりでしょうか?この衿先のアールを。。

 

サルトリアワイド オーダーシャツ 衿型-3

 

フロントのアールもさることながら

この開発で

最もこだわり、最も試行錯誤したのが

衿のサイド部の“しゃくり”と言われる部分。

 

しゃくり部分

 

↑シャクリと言われる部位はここです。

今現在のワイドカラーはこのシャクリ部が

直線的に出来上がっている物が多く

良く言えばさっぱりしている、

思いきり悪い言い方をすると

無表情で簡略的とも言えます。

 

しゃくり ないシャツエリ見本

 

ちなみにこれは全くしゃくりのないワイドカラーです。

これはこれでアリ(イギリス臭いのはおそらくコッチ)だとは

思っておりますが

せっかくオーダーでお作りするシャツは

きちんと味のする、表情のある

サルトリアワイドがおすすめです。

 

そして地味ですが襟の高さも前後で

通常より高低差をつけています。

後腰を45mmと最近のシャツらしく

高めに設計してありますが

前腰は25mmと、この手のワイドカラーとしては

あえてやや低めに設計しております。

 

サルトリアワイドタイドアップイメージ

 

カッタウェイなどの開きの大きい衿型の場合に

タイの結び目の横からヒモが見えがちですが

きちんとそこは見えないよう

エレガントに仕上げるための工夫の一つです。

 

 

サルトリアワイド オーダーシャツ 衿型-3

 

そしてこれは副産物的発見だったのですが

このサルトリアワイドは

ノータイ時にはものすごく色っぽい開きをします。

 

サルトリアワイドノータイイメージ

 

サルトリアワイドノータイイメージ-2

 

 

もしノータイでもお召しになることが多いのであれば

芯はソフトにするのがおすすめです。

衿先までのロールをより良く出すためには

このソフトな衿の仕上がりのほうが

きっとこなれた首元に映ります。

 

サルトリアワイド オーダーシャツ 衿型-4

 

特にこのサルトリアワイドを選んでいただいても

アップチャージはございません。

通常の価格でお作りいただけます。

どうか自身のワードローブに

このサルトリアワイドを

加えられてはいかがでしょう。

必ずや良いお供になると

確信しております。

 

豊島

 

*営業時間変更のお知らせ

誠に勝手ながら

10/1より営業時間を変更させていただきます

月~土 11:00~20:00

日(もしくは連休の最終日)11:00~18:30

何卒宜しくお願い致します。

-----------

コラムや写真など

 コチラから

Tailor Fukuoka

Facebook Instagram

tailor-fukuoka-facebook 

日時:2018年09月17日 19:47 |

New Arrival Pin Collar!!!

【オーダースーツ TailorFukuoka Blog】

 

こんにちは

テーラーフクオカ銀座店の豊島です。

 

先日、カフス型開発のブログ

書かせていただきましたが

実は同時並行して衿型の開発も

行っておりました。

そしてこの度3つの新しい衿型を

開発いたしましたが

本日ご紹介はそのうちの2つ

ピンホールカラー(ピンカラー)です。

 

ピンホールカラー テーラーフクオカ オーダーシャツ

ピンホールカラー+¥1,000

(カラーピン付きで+¥1,500)

 

 

ラウンドピンホール テーラーフクオカ オーダーシャツ

ラウンドピンホールカラー+¥1,000

(カラーピン付きで+¥1,500)

 

ピンホールカラー テーラーフクオカ オーダーシャツ-2

 

皆さまはピンホールカラーと聞いて

どんな印象をお持ちでしょうか?

古臭い?面倒臭い?

 

実は世情からしても再び脚光を

浴びはじめている

シャツの衿型の一つです。

おそらくこの先旬になっていくことでしょう。

 

今注目のピンホールカラーは

やはりタイを想定した衿型ですので

クールビズが終わるこれから季節がいいタイミング。

 

ピンホールカラー テーラーフクオカ オーダーシャツ-3

 

特に↑のようなベステッドスタイルの

Vゾーンにはこれ以上ないほど

しっくり感がありませんか?

 

ピンホールカラー ピンカラー イメージ

 

一般にはまだまだ馴染みのない

ピンホールカラーですが

 

業界のウェルドレッサー達には

ピンカラー愛好者がここ何年かで

急激に増殖中です。

 

ピンホールカラーシャツは

PinterestやInstagramなどにも

投稿が増えてきており

ジワジワきております。

 

 

ピンカラーピンホールカラー テーラーフクオカ オーダーシャツ-4

 

私が行ったピッティでも

ノータイでピンカラーシャツを

楽しんでいる方もおりました^^;

 

これからの季節のVゾーンに

我々のピンホールカラーをいかがでしょうか。

グッと重厚な首元を演出できます。

 

銀座店 豊島

-----------

コラムや写真など

 コチラから

Tailor Fukuoka

Facebook Instagram

tailor-fukuoka-facebook 

日時:2018年08月25日 17:30 |

待ち遠しAW

Tailor Fukuoka Ginza Blog

 

皆様こんにちは。

テーラーフクオカ銀座店

波多野でございます。

 

9月の秋冬(AW)スタートに向けて

我々は一足早めにスーツ等を製作中です。

 

今回は私のオーダーした

ジャケット・パンツ生地のご紹介。

 

 

 

英国Moon社製の

シェパードチェック×オーバーペン。

 

moon生地

 

スコットランドの羊飼い(シェパード)

がこの柄をはじめて着用したことから

この名がついたそう。

多色使いになるとガンクラブチェック。

 

今回のテーマはトラッド。

 

ベントはフックに。

 

フックベント

 

袖の釦は2つで穴かがりなし。

襟元のステッチはスーツの場合

コバが基本ですが内側に。

もちろんハンド風のAMFではなく

ミシンステッチにしました。

 

…と私自身はじめてのトラッドジャケット

なので仕上がりかとても楽しみです。

 

ジャケパン生地

 

パンツは生地の色を拾いブラウンに。

デザインも合わせて

自身はじめてのノータック、

テーパードは効かせず裾までストレートに。

丈は短め。

 

形になりましたら紹介したいと

思いますのでしばしお待ちを…

 

まだまだ暑い日が続きます。

皆様どうぞご自愛ください。

 

-----------

コラムや写真など

 コチラから

Tailor Fukuoka

Facebook Instagram

tailor-fukuoka-facebook 

日時:2018年08月15日 10:30 |