Order Suit

オーダースーツ

Order Made Suit

オーダーメイドスーツ

Prestige Line

プレステージライン

シルエット・着心地・副素材に至るまで
徹底してこだわり抜いた
ワンランク上の特別なお仕立てです。
Suit+¥20,000 Jacket+¥15,000 Pants+¥5,000 Three Piece+¥25,000(すべて税抜)
Authen
テーラーフクオカが監修し完成した
オリジナルモデルは
シルエットやデザインはもちろんのこと
スーツ内部の副資材まで
とことんこだわり抜いた最も
立体的に仕立て上がる。
まさにテーラーフクオカの理想のかたち。
なによりもクオリティーを重視される方に
おすすめのスタイルです。
AMF ステッチ・切台場
・汗取りパッド・キュプラ裏地・
ナットボタン・Vスリット・後付シック
が標準装備されています。
Beau
柔らかくしなやかな副資材と
テーラーフクオカのスタイルの中で
最も丸みの効いたスタイル。
プレステージラインの仕立ての良さと相まって
ストレスを感じない軽さを実現。
ジャケットにも転用できます。
AMF フルステッチ
・半裏 マニカカミーチャ・キュプラ裏地・
ナットボタン・Vスリット・後付シック
が標準装備されています。
Charles
英国のビスポークテーラリングに
見られる構築的な
ロープドショルダーが特徴の重厚で
硬質なブリティッシュカット。
直線的で身体のラインを反映させた
フィット感を重視したスタイル。
流行に左右されない男らしいフォルムを
お求めの方におすすめ。
AMF・本台場・キュプラ裏地本ナットボタン・シック
が標準装備されています。

Standard Line

スタンダードライン

スタンダードなスタイルで、普段使いから
フォーマルシーンまで幅広く着用ができます。
クラシコ
バランスのとれたスーツらしい定番フォルム。
フォーマル用としてもおすすめ。
ネオ
ドロップショルダーが印象的な
現代的で軽やかなシルエット。
スーツはもちろんジャケットにも◎
スリム
スリムに見せる工夫の効いた設計。
コンケーブされた肩が特徴。
ブリティッシュ・トラッド
構築的な肩周りと
直線的なシェイプが特徴。
コンフォート
適度な絞りなので
窮屈になりづらいシルエット。

Formal

礼服

オーダーブラックスーツ(オーダー略礼服)

価格:¥36,000(税抜)~

本来、欧米では弔辞以外でのドレスコードには
ブラックスーツはありません。
ただ、日本においては
『結婚披露宴などでブラックスーツ』は
もはや暗黙の了解です。
国内では日常的なシーンは
殆どこの略礼服で対応できます。
最近のフォーマルスーツは
シングルブレストのスーツが主流となっています。
-着用のルール
共布のベストやシルバーベスト(弔辞を除く)などとの合わせも可能。
格式の高いパーティーでもない限りどこにでも使える万能ブラックスーツですが、
白のドレスシャツ(ボタンダウン等は不可)、靴を黒の内羽式ストレートチップにするなど、基本を押さえましょう。
本来ポケットチーフを挿すものですが弔辞ではチーフはタブーです。

オーダーディレクターズスーツ

価格:¥61,000(税抜)~

モーニングに次ぐ昼間の準礼装です。
弔辞を除き、昼間の式や披露宴、
ほとんどのウェディングでは
このディレクタースーツが使用できます。
主賓クラスの方に求められる
ワンランク上の装いです。
-着用のルール
ジャケットはシングル、ダブルどちらでも良く、ブラックが基本です。
スラックスはコールズボン(縞ズボン)で裾はシングルカフ。
シングルジャケットに合わせるベストはシルバーグレー・かベージュまたは白、タイは白・シルバーまたは白黒ストライプがセオリーです。
シャツはウィングカラーまたはセミワイドカラー(ボタンダウン等は不可)、靴は黒の内羽式ストレートチップまたはプレーントゥでも可。
ポケットチーフは白無地で嫌味のない挿し方で。

オーダータキシード

お納め価格:¥79,000(税抜)~

燕尾服が義務付けられる正式な式典でもない限り、
最もスタンダードな夜間の礼装です。
“ブラックタイ”の指定がある場合、
タキシードの着用は必須です。
最大の特徴として、着こなし方によっては
正・準礼装のどちらとしても着用できる点が上げられます。
-着用のルール
・正礼装の場合
招待状にブラックタイの指定のある場合です。フルドレスとも呼ばれます。 タキシードジャケットに側章(1本)の付いたパンツを合わせます。裾はシングルカフ。・立襟(ウィングカラー)シャツに蝶ネクタイ・カマーバンドを合わせます。
白と黒で統一させるのが基本です。チーフなどもお忘れなく。
・準礼装の場合
上記の内、何点かをカジュアルにしたものです。グレーを使っても構いません。
蝶ネクタイとカマーバンドの色や柄を合わせると統一感が出ます。

オーダーモーニング

価格:¥86,000(税抜)~

別名カッタウェイ・コートとも呼ばれる、
デイタイムにのみ用いられる正礼装です。
日本では結婚式において新郎新婦の実父が
着用することが多い礼装となっていますが、
厳密にはモーニングでなければならないのは、
叙勲、授章などで
宮中に上がる時などのごく限られた場合です。
-着用のルール
必ずモーニング、ベスト、コールズボンの三つ揃えで着用します。
シャツは立襟(ウィングカラー)モーニング・タイ、サスペンダーを用います。