Blog

ブログ

2020.03.17

オリーブグリーンスーツの仕上がり

【Tailor Fukuoka Shinjuku Blog】

 

こんにちは

テーラーフクオカ新宿店の豊島です。

 

かなり前にはなりますが

『オリーブグリーンスーツの妄想』という

他愛もない生地紹介ブログを書いたのですが

その投稿後からフツフツと私の物欲が

湧いてまいりまして。。

ちょうど先日、同じ生地ではないものの

スキャバルのヴィンテージの中から

オリーブグリーンの服地を見つけましたので

早速オーダースーツを仕立てました。

 

オリーブグリーンスーツの仕上がり

 

春夏向けのウールトロピカル素材なので

コンストラクションもなるべく軽くするため

プレステージラインのBeau(ボウ)モデルで

仕立てました。

画像で伝わるかはわかりませんが

私が所持をしているスーツの中では

おそらくこれが最軽量です。

 

オリーブグリーンスーツの仕上がり-2

 

このモデルにはマニカカミーチャも

標準装備されているので

袖山もギャザーが効いて可動域も上に広く

腕の上げ下げにストレスは感じにくくなっています。

 

オリーブグリーンスーツの仕上がり-3

 

袖口の切羽は私は外したりはしないものの

やはり穴かがりが美しい本切羽を採用しました。

 

オリーブグリーンスーツの仕上がり-4

 

プリーツはイン2プリーツに致しまして

少しタック量も少し多めにイジりました。

腰回りは従来よりも大きめに作っていて

股上も私の身長からするとかなり深めに設定しています。

少し長めに結ったタイに

深い股上のプリーツパンツを合わせたい、という

最近の気分をこれで叶えます。。

 

オリーブグリーンスーツの仕上がり-5

 

Tailor Fukuokaで今期仕込んでいる

ギミックの一つであるループ付きの持ち出し。

持ち出しの長さはパンツウエストによりますが

今は10~12cmくらいにしていただくと

サルトリア感は一層醸し出せるはずです。

 

Tailor Fukuoka 2020 Spring Summer Image-1

 

今期のおすすめも

ちょうどカーキグリーンのスーツを

ご提案しておりますので

店頭に似寄り生地はたくさんございます。

どうかご検討ください。

 

新宿店 豊島