Blog

ブログ

2021.04.11

AMFステッチとは何か

【Tailor Fukuoka Aoyama Blog】

 

みなさま、こんにちは。

青山店の嶌野です。

 

 

スーツの見栄えを左右する

「AMFステッチ(ピックステッチ)」ってご存知でしょうか。

 

今回はこの「AMFステッチ」について

名前の由来やステッチをつける必要性など

少々長くなりますが、詳しく解説させて戴きます。

 

(以前に一度解説をさせて頂いていますが

新しい読者様も増えましたので改めてお話させて戴きます!)

 

 

1,  そもそもAMFステッチとは

 

AMFステッチ(ピックステッチ)とは

スーツの襟のフチなどのハンド風ステッチのことです。

 

AMFステッチ

 

スーツ好きな方こそ、どこにどう入っているか注目する部分ですね。

 

ハンドステッチといっても本当に手作業で入れているのは

フルオーダーのスーツなどほんの一部。

ほとんどのスーツは専用の「手縫い風ミシン」で縫われています。

 

 

 

2,  AMFステッチの由来

 

以前、ピックステッチは全て職人の手縫いでした。

均質なステッチを入れるのは熟練の技と時間が必要ですが

ミシンだと手仕事のやわらかさが出ず、

襟の雰囲気が変わってしまうため

すべて手作業でピックステッチを入れていました。

 

フルオーダー 縫製風景

 

現代主流になっている手縫い風ミシンは

複雑な機構で糸を送り、ゆっくりと無理な力をかけず縫うことで

職人の手仕事を再現しています。

 

ミシンであっても綺麗なステッチを入れるには

それなりの技術と時間と手間がかかりますが

手縫いに比べて遥かにかんたんで早く仕上がる

AMFステッチが現在のピックステッチ主流になっています。

 

 

このミシンを開発したのが

アメリカン・マシン・アンド・ファンドリー社。

(American Machine and Foundry)

一時期はハーレーダビットソンを傘下に入れ、

スキー板から原子炉まで作っていたという大企業です。

 

 

 

 

開発したAMF社にちなんで、「AMFミシン」と呼んでいます。

つまり、AMFステッチ=AMFミシンのステッチ、ということですね。

 

AMF社以外のミシンでもAMFステッチと呼びますが

手縫いの場合はAMFとは呼ばず

「ピックステッチ」「ハンドステッチ」「星止め」などと言います。

 

 

3, AMFステッチは必要か?

 

さて、ここからが本題です。

AMFステッチ、何のためのステッチなのか。

ついていないスーツもあるのに入れる必要があるのか。

 

結論から言うなら「必要」です!

 

その理由は大きく3つ。

 

 

①綺麗な状態が長続きする

 

スーツの仕立ての良し悪しは

いかに襟が立体的か、に出てきます。

襟の返りが潰れていると、しっかりした芯を使っていない

ぺらぺらのスーツに見えてしまうことも…

 

きちんとした作りのスーツは

襟の中身に「毛芯」を使っており

胸・襟部分をなるべく立体的に仕立てます。

 

スーツの中身

 

毛芯と襟の表は接着などしませんので

AMFステッチで留めることで

よりふっくらとした状態がキープしやすくなります。

 

(スーツによっては生地に直接芯を接着する製法もあります。

芯はきちんと付きますが、襟が潰れてしまうと戻りにくく、

立体感を綺麗にキープするのは難しくなります)

 

 

②印象が良くなる

 

上記の理由からクラシックなテーラーメイドのスーツには

ステッチが入ることが多く、既製品でも仕立てにこだわったものは

大抵AMFステッチが入っています。

 

接着芯のスーツにも付いていることはありますが

その場合でもコストをかけて手間のかかるステッチを追加しているわけです。

 

 

ですので、このステッチが入っているスーツを着ていると

「きちんとしたスーツを着ている人」「服装に気を使っている人」

という印象を持たれやすくなります。

 

 

 

③デザインのアクセントに

 

一目立つ襟回りのステッチですので

ステッチの有無で見た目の印象が結構変わります。

 

スタンダードに襟のフチにステッチをつけると

きちんとした印象。

 

カジュアルに見せたいジャケットやコットンスーツなどは

ステッチをあえてやや内側に入れたり

糸の色を変えたりすることも。

(ジャケットの場合、スーツよりふくらみのある生地が多いので

そのふくらみをつぶさないためにも内側に入れることが多いのです)

 

AMF ジャケット

 

見た目の印象を左右し、スーツの構造にも影響のある

AMFステッチ。

 

Tailor Fukuokaのスーツは

衿も接着をしない毛芯仕立てですので

AMFステッチは必要だ!

ということで、

どのモデルにも標準装備となっております。

 

見た目が好きじゃない…ということで

省かれる方もいますが、見慣れてくればむしろ

ステッチがないと落ち着きません。

ぜひ、ステッチは省かずお付けください。