Blog

ブログ

2019.10.07

キュプラ裏地が選ばれる理由

【Tailor Fukuoka Aoyama Blog】

 

みなさんこんにちは

青山店の瀬野尾でございます

 

スーツを注文する際に

ボタンや裏地選びは

生地選びと同じくらい重要なもの

 

スーツの裏地は主に

「ポリエステル」や「キュプラ(ベンベルグ)」が

多く使われています

 

よくキュプラの裏地が良い

と言われていますがなぜ良いのか?

本日は裏地の色や柄ではなく

キュプラについてお話させて頂きます

 

まず、キュプラという素材は

コットンリンターと言われる

コットンの種のまわりにある産毛を

溶解して精製した再生繊維です

 

コットンリンター

 

【キュプラ裏地の特徴】

 

*吸放湿性に優れている

 キュプラは呼吸する素材と言われるように

 汗を吸ったり吐いたりしてくれますので

 べたつきやムレで不快になることがなく

 夏でもさわやかに過ごせます

 冬は吸湿発熱性が発揮され

 あたたさを生み出しますので

 一年中快適に過ごせるという素晴らしさ

 

*静電気が起こりにくい

 水分を多く含む素材ですので静電気が発生しても

 すぐに空気中に逃してくれます

 衣類にほこりがつきにくくなったり

 着脱時のぱちっとあの不快感もなくなります

 

*なめらかな肌触り

 繊維の太さのムラがなく

 細く均一な断面をしていますので

 シルクのように上品な光沢感やなめらかさがあります

 すべりが良い為、脱ぎ着する際のストレスもありません

 

*鮮やかな色

 染色性に優れていますので、深くあざやかに染まります

 

*環境にやさしい

 元々は綿でできていますので

 土に埋めると分解され自然に還ります

 

 

デメリットとしては水に濡れるとシワになりやすいこと

ですが

ご家庭でスーツを洗濯する方はいないと思いますので

この辺りは心配なさそうです

 

キュプラ裏地

 

 

キュプラ裏地の魅力をお伝えしたところで…

最近のTailor Fukuokaではこちらのシリーズが人気です

 

キュプラ裏地

*Option +\3,000+tax

 

花柄ですが織柄になっているため

ちらりと裏地が見えたくらいでは

花柄ということがわからないくらい

もちろん素材はキュプラ100%

今季コンセプトのカーキやブラウンとも相性◎

 

ぜひ、ご注文の際は

裏地…の”素材”まで拘ってみてくださいね

 

青山店 瀬野尾