Blog

ブログ

2016.07.09

スーツの顔ともいえる『衿』の種類

【オーダースーツ Tailor Fukuoka 新宿店ブログ】

 

皆さまこんにちは!

新宿店の小笠原です!

 

 

ジメジメした梅雨時期が終わり、

本格的な夏が始まりますね!

 

 

各地で海開きが行われたり、

野外イベントが行われたりと

「これぞ夏!」という感じが高まってきました。

熱中症などに気を付けて、

思う存分楽しみましょう!^^

 

 

ところで皆様。

 

突然ですが、

お手持ちのスーツの衿に

注目したことはございますか?

スーツの顔とも言える程 重要な衿!

 

 

ネクタイやシャツとのバランス、

Vゾーンの見え方など

皆さまがカッコイイ!お洒落だ!と

感じる部分は

自然と衿も関わっていますよね?^^

 

 

そこで今回は、

スーツの衿に注目してみましょう!

 

 

まずは皆さまが

一番見慣れているであろうこちらの衿。

 

ノッチドラペル

 

そう、ノッチドラペルでございます。

ショップなどで見かける

スーツやジャケットは

ほとんどがこの衿の形を

しているのではないでしょうか。

様々な場面でお使いいただける

最も人気のある衿です^^

 

 

歴史も古く…

という話をすると終わりが見えないので

止めておきます。(笑)

 

 

続いてはこちら…

 

セミノッチドラペル

 

この衿はセミノッチドラペルと呼ばれます。

 

 

この写真ですと

見づらくなってしまいますが、

上衿と下衿の部分から

先にかけて角度を上げています。

ノッチドラペルの雰囲気を残しつつ

遊びを効かせたい!

という方にはもってこいの衿です^^

 

 

最後はこちら…

 

ピークドラペル

 

こちらはピークドラペルと呼ばれています。

今までご紹介した衿とは違い、

衿先が上に向かって尖った形をしています。

英国調のタキシード、

ダブルブレストスーツは

この衿が基本となっています。

 

 

実は、近年ですと

シングルスーツにも使われています。

ガラッと印象を変えることができますし、

個人的には、最もオススメの衿です^^

 

 

この他にもセミピークドラペルや

ヘチマ衿とも呼ばれる

ショールカラーなどがございますが

実物がないのでご紹介は割愛いたします…

気になる方がいらっしゃいましたら

お写真でよければ

新宿店にご用意しておりますので

何なりとお申し付けください!

 

 

では最後に

それぞれの衿を見比べてみましょう!

 

ノッチドラペル 見え方

 

ゼミノッチドラペル 見え方

 

ピークドラぺル 見え方

 

んー、やっぱりピークドラペルが一番。(笑)

 

 

皆さまはどの衿が一番お好みですか?^^

機会があればぜひ!

衿の形を変えてみてください!

 

 

次回は、

スーツの見え方にも大きく影響する

衿巾についてご紹介しようと思います!

 どうぞお楽しみに^^

  

-----------

コラムや写真など

 コチラから

Tailor Fukuoka

Facebook Instagram

tailor-fukuoka-facebook tailor-fukuoka-instagram