Blog

ブログ

2020.01.26

【NEW】定番レップタイの話

こんにちは

テーラーフクオカの豊島です。

 

本日は新しくラインナップされた

定番のインポートシルクタイをご紹介いたします。

 

インポートシルクタイ テーラーフクオカ定番タイ

 

これまでの定番タイは国産シルクのラインのみでの展開でしたが

この度、上級グレードであるインポートシルクラインでも

展開を開始致しました。

 

インポートシルクタイ テーラーフクオカ定番タイ-2

 

国産のラインでは出来なかったこと(原料面でもコスト面でも)を

このラインで実現させました。

 

インポートシルクタイ テーラーフクオカ定番タイ-5

 

使っている生地は50オンス以上のレップ織りで

打ち込み本数の非常に多い総シルクを採用しました。

 

インポートシルクタイ テーラーフクオカ定番タイ-10

 

レップ織りとは畝のある織りの総称ですが

レップなら良いものと言うわけではなく

大事なのはこのレップ織りが

しっかりした打ち込みの効いたシルクであるかです。

レップはレップでも軽く仕上げてあるシルク地も

最近よく見かけます。

 

好みあるでしょうが

セッテピエゲのような柔らかな風合いを狙ったものや

高精細なプリントもののタイ以外は

なるべくならオンスはある程度のっている

シルクを選びたいところです。

“定番”として長く使うなら尚の事です。

(物性面でも優れますので。。)

 

インポートシルクタイ テーラーフクオカ定番タイ-6

 

もはや言わずもがなですが

たるみ糸もこのようにきちんとたわませておりますので

構造上、変なテンションがかかりにくくなっておりますし

例えツレてしまってもこの糸を調節し

もとに戻すことが出来ます。

裏地も総シルクになっているのは

地味ですがポイントの高いところ。

 

インポートシルクタイ テーラーフクオカ定番タイ-7

 

そして以前ネクタイについてのブログでも

書かせていただきましたが我々のネクタイは

すべて毛芯を据えてお作りしておりますが

このインポートシルクタイのラインの毛芯は

特別バネのある復元力に優れた芯を採用しております。

このコンストラクションこそ定番で長くお使いいただける

タイにこそ必要なものと考えております。

 

インポートシルクタイ テーラーフクオカ定番タイ-9

 

実は私もこのタイは購入しました。

上記は今日のVゾーンでうるさいスタイリングでしたので

ネイビーソリッドタイで鎮火させています。

(個人的には無地タイは引くくらい所持しておりますが

仕上がりがあまりにも良かった為)

 

お客様にもおすすめしたい商品ですが

むしろ社内の人間に向けてもおすすめしたいです笑

(昨日各店に配布したので是非。)

 

インポートシルクタイ テーラーフクオカ定番タイ-3

 

定番の無地は

ネイビー・ブラウン・ボルドー・モスグリーン

 

インポートシルクタイ テーラーフクオカ定番タイ-4

 

そして流行性のないレジメンタル(ボールド)ストライプも

ネイビー×ボルドー、ネイビー×モスグリーン、ネイビー×イエロー

トラディショナルなカラーリングのみご用意しております。

 

インポートシルクタイ テーラーフクオカ定番タイ-8

 

最後に…

Tailor Fukuokaは基本に忠実で

オーセンティックな提案を得意としております。

そんな我々から基本中の基本として

どこに出ても恥ずかしくないタイがこれです。

我々を象徴する定番タイを

店頭でお手にとってご覧いただけると幸いです。

(…できれば実際にご着用の上

ご体感いただきたいです)

 

インポートシルクタイ テーラーフクオカ定番タイ-11

 

Imported Silk Tie(Fabric Made in Italy)

¥6,800+tax

 

豊島