Blog

ブログ

2020.02.29

Why is linen suit is popular recently リネンスーツの価値

【Tailor Fukuoka Shinjuku Blog】

 

Hello everybody.

Thank you for reading Tailor Fukuoka blog.

I’m Takeru KATO from Shinujuku store.

 

Today, I’d like to introduce about some fabrics.

 

In Japan, a opportunity to wearing suit is

decreasing gradually by Japanese principle .

Recently it called `office casual` or `cool biz`

 

So I thought that a lot of customer

can take advantage of `office casual`

Then, I’m going to introduce fabrics.

 

 

 

CANONICO wool 55% linen 45%

Standard line ¥64,000+tax

Prestige line ¥84,000+tax

 

This is wool and linen fabric.

The point is functionality.

If you worry about wrinkles,

this is hard to be wrinkles compare to linen 100%.

 

Also it’s breathable and sturdy because of linen.

It’s possible to stay cool when you’re wearing this suit.

Also linen suit will get better gradually by  wrinkles.

[It’s like sleeve wrinkles, slacks wrinkles…]

 

But linen isn’t stretchable.

Please be careful about sizing.

 

In Japan, hot summer will come soon.

Would you like to make linen suit??

 

From March, spring and summer fabric

will be ready completely.

We’re looking forward to see you.

Thank you.

Tailor Fukuoka Shinujuku Takeru KATO

 

いつもTailor Fukuoka blog を

ご覧いただきありがとうございます。

新宿店の加藤です。

 

本日は少し早いですがリネンスーツ生地について

ご紹介いたします。

上記に写真がありますのでそちらをご覧ください。

 

CANONICO wool 55% linen 45%

Standard line ¥64,000+tax

Prestige line ¥84,000+tax

 

おすすめする理由は

いくつかございまして、

まずはリネン100%と比べると、

リネンのシワができるまでに時間が

かかるのでスーツを育てる面でも

楽しさを味わえることが一つ。

 

二つ目が生地の軽量感。

平織、リネンのため通気性に優れており

着心地も非常に軽やかに着こなせます。

またジャケパンとしても使えるので、

3ピースでお仕立てすると

使いやすさがグンと上がります。

 

無地の為使いやすく

オッドベストとしての役割も果たせ

単品のジャケット、スラックスも

合わせやすいのが何よりの強みではないかと思います。

リネンが混紡されている分

耐久面でも他の生地と比べ丈夫です。

 

そしてシワの変化を

より楽しんでいただくために

折り目加工はつけずにお召しいただくのが

重要ポイントです。

 

こういった色の他にもリネンの生地を

いくつかご用意しております。

 

現時点でははっきりとお伝え出来ませんが

ツイルのリネン混が3月から入荷します。

一目見れば生地の良さが間違いなく伝わりますので

ぜひツイルのリネン生地もご覧ください。

 

皆様のご来店

お待ちしております。

 

Tailor Fukuoka 新宿店 加藤