Blog

ブログ

2020.03.16

なぜプンタウールは選ばれるのか

【Tailor Fukuoka Shinjuku Blog】

 

いつもTailor Fukuoka blogをご覧いただきありがとうございます。

新宿店の加藤です。

本日はプンタウールについて

ご紹介致します。

 

リネン、モヘア混紡生地が夏生地の代表として

挙げられますがモヘアは水に弱い、

リネンは毛羽立ちやすい、

ビジネスライクでなかったり

仕立てる場合に懸念点がいくつかあります。

 

モヘアが好きだけど汗っかきでモヘア混との相性が悪いが、

上記のようなざっくりした生地をお求めの方に

おすすめするのがプンタウールです。

 

 

 

プンタウール Wool 100%  Made in Japan

Standard line ¥46,000+tax

Prestige line ¥66,000+tax

 

アルゼンチン南部

ティエラ・デル・フエゴ島産毛のウールを

チリの南端プンタ アレーナス港にて積み出されるため

プンタウールと呼ばれています。

 

強撚、フレスコ、ポーラといった呼び方がありますが

糸を撚って織ることで生地にハリ、コシさらに

ボリュームが生まれるため仕立て映えする生地です。

(写真を参考にしていただければと思います。↓)

 

 

物性面ではウールの為水耐性に優れ、

皺になりにくい、かつ通気性も良く

梅雨時期でも活躍できる生地なので

一着持っていると重宝します。

 

着こなしが上手い人ほど季節感を重要視しますので、

長くお召いただくためにも

季節に合わせた一着を仕立ててみてはいかがでしょうか。

 

 

新宿店ではプンタウールを3色展開しております。

いずれも一点ものです。

手に取って触っていただければ生地の良さも

さらにわかるのでご来店時はぜひ他の生地と

比べてみて下さい。

 

皆様のご来店お待ちしております。

 

Tailor Fukuoka 新宿店 加藤