Blog

ブログ

2019.10.28

見逃してしまいがちな生地の魅力

【Tailor Fukuoka Aoyama Blog】

 

こんにちは

青山店の瀬野尾でございます

 

すっかり秋の雰囲気になりましたね

少し肌寒くも感じる日もありますので

みなさま体調にはくれぐれもお気をつけください

 

さて、本日は

無地調と言ったりする

全くの無地ではないけれど柄の入っていない生地

 

ついつい見逃してしまいがちですが

じっくり見てみると

実に表情豊かで魅力的なんです!

ということで

本日も瀬野尾ブログにお付き合いください

 

今回はジャケット生地に

フォーカスしてご紹介します

 

まずはこちら

 

 

ジャケット生地

94-3187 Di Pray -ディ・プレイ-

Standard Line / ¥39,000+tax 

Prestige Line / ¥54,000+tax  

 

Di Pray はイタリア・ビエラ地方の高級服地メーカー

メンズジャケット生地がメインで

遊びの入ったおもしろみのあるものが多くみられます

 

ツイード調のこちらの生地も

ブルー・グリーン・パープル・イエロー・グレーなど

微妙にニュアンスの異なる糸で織りあげられ

見ているだけでわくわくしてしまう生地です

 

 

 

続いてはこちら

 

ジャケット生地

84-2827 CERRUTI-チェルッティ-

Standard Line / ¥39,000+tax 

Prestige Line / ¥54,000+tax  

 

イタリアを代表する5大ブランドの1つでもあるCERRUTI

最高級の原毛を使用しているため品質は◎

スーツ、ジャケット共に上品な雰囲気が多いですね

 

ダークグレーをベースにしたネップ入りの生地

(先日の坂本のブログでも紹介していましたね)

ダークグレーという硬さを感じる色に

ベージュやサックスブルーの

やわらかなカラーネップが混ざることで

程よく、そして上品にまとめてくれています

 

 

見慣れてきたところで

上級者向けのよく見ていただきたい生地がこちら

 

ジャケット生地

74-2692 CANONICO-カノニコ-

Standard Line / ¥39,000+tax 

Prestige Line / ¥54,000+tax  

 

みなさんご存知のCANONICO

コストパフォーマンスに優れており

愛用者も多いことかと思います

 

最近では英国調の生地も多く作られていますが

こちらはCANONICOらしい生地

ベージュ~ブラウンの濃淡に

鮮やかなオレンジがちらほら顔を覗かせています

この微妙な濃淡使いが

仕立てたときの「雰囲気の良さ」を

表現してくれる要因でもあります

 

なんとなく店頭に並んでいる生地も

じつはこんなにも細やかな表情をしております

生地の整理をしていると

手が止まり生地の表情と向き合うこともしばしば

(作業が遅れる原因ですね 笑)

今回紹介した生地はどちらもイタリアのブランド

さすが芸術の都、みとれてしまうのも無理はありません

 

もちろん生地選びは全体の雰囲気が大切ですが

細やかな表情もぜひお見逃しなく^ ^

 

青山店 瀬野尾