Blog

ブログ

2016.08.31

16AW斉藤おすすめジャケット生地

【オーダースーツ Tailor Fukuoka Blog】

 

あっっっ!という間に8月の終わり。

リオ五輪に湧いた2016年も残すところ4ヵ月ともなると

まだまだ先だと思っていた東京五輪2020も

あっっっ!という間でしょう。このペースでいくとね。

 

皆さまこんにちは。

銀座店のベアーズアイこと斉藤です。

 

というわけで明日9月1日より、

テーラーフクオカ本格的に

AWシーズン始動なわけでございまして・・・。

となると店頭に立つスタッフのあるべき姿としては、

秋冬物を身に纏った姿なのではあるまいかと

はりきって息巻いたわけで・・・。

不詳斉藤にとって、残暑はびこるこの時期の

SS→AW衣替えがいちばん応えます。

ふぅ。おしゃれさんの額に玉汗が目立つ季節ですね。

 

と、いうわけで今回はジャケット生地のご紹介。

 

IMG_6929

 

Jacket Fabric:CERRUTI

Price:\36、000-(+tax)

 

ばばん。

お好きな方はご存知、

イタリアを代表する生地メーカーのひとつチェルッティ。

しなやかな風合いと、上品な光沢感が

織りなす仕立て上がりは、

男としてワンランク挙げてくれそうな気がする、

そんなチェルッティ。

 

今回はその柄に着目です。

 

IMG_6940

 

よく見なくても無地ではないことは

お分かりかと思いますが、

「なんだか膨大な数の鳥に睨まれている気がするなぁ」

そんな風に思った方、

さすが鋭いご名答拍手喝采。

 

いわゆる「バーズアイ」と呼ばれる柄となります。

感じたことをそのままに「鳥の目」です。

実はここ数年注目されている柄の

ひとつであります。

 

IMG_6934

 

まったくの無地ではないが、

ドット・小紋のような主張満載の柄入りでもない。

ただ、織り組織によって

表に出る表情が絶妙に洒落ている。

かつ、控えめな柄の一着はビジネスの場でも

活躍できるような立ち位置にもなれそう。

そんな捉え方でいいかと思います。

 

IMG_6935

 

そして、紺でも青でもグレイでもない発色。

しいて言うならブルーグレイでしょうか。

単色感の少ないこちらのカラーも

近年人気度の高いモノとなっております。

 

さすがのチェルッティとでもいいましょうか、

秋冬地でもライトオンスに仕上がっているため、

生ぬるい10月はもちろんのこと、

春一番吹き荒ぶ4月までも着れてしまいそうです。

 

ドンピシャリでナウい一着。

ぜひ仕立ててみてはいかがでしょうか。

 

 

-----------

コラムや写真など

 コチラから

Tailor Fukuoka

Facebook Instagram

tailor-fukuoka-facebook tailor-fukuoka-instagram