Blog

ブログ

2020.06.05

スーツのボタンの付け方

【Tailor Fukuoka Ginza Blog】

 

みなさま、こんにちは。

銀座店の嶌野です。

 

今日は意外と知らない、スーツのボタンの付け方を

ご紹介します。

 

まず使う糸です。

本来は「ツレデ」というスーツ用のボタン付け糸がありますが、

あまり売っていないので普通のボタン付け糸でOK。

 

ミシン糸で代用する方が結構多いのですが

ここはぜひ、手縫いのボタン付け糸を使用してください。

ミシン糸は手縫い糸に比べほつれやすい構造で

縫っている最中に絡まりやすい上

使っているうちにほつれたり、糸が細すぎて切れてしまい

再びボタンが取れる事が多い為です。

白・黒・茶あたりの定番色はあって損はしません。

 

さて、道具が用意できたら実際に縫って行きます。

 

①針に通し、両端を引き揃えてひと結び。

 

 

 

 

②ボタンの裏から糸を通し、対角の穴からに通して

糸のお尻の輪に針をくぐらせます。

 

 

これで縫い始めが固定されました。

 

 

 

③針でボタンを付ける位置の布2,3ミリをすくいます。

残りのボタン穴に糸を通し、もう一度布を小さくすくいます。

 

 

この時、糸の長さを均一に、少しボタンを浮かせます。

スーツであれば、だいたいボタンの厚み分くらいでOK

これが一番むずかしいのですが仕上がりを決める部分です。

 

 

④浮かせた部分に糸を3,4回巻き付けていきます。

ボタンを止めた時、ボタン穴の厚み分が

収まるスペースをつくるためで

この「足」という部分がないと糸に負荷がかかり

ボタンが取れやすくなってしまいます。

 

 

⑥糸を巻く最後の一周に針を通し、キュッとしめます。

(文章と写真ではどうしてもわかりにくいので…

糸をかける手順は「ボタン つけ方」で検索すると

わかりやすい図解がたくさんあります)

 

 

 

⑦糸足の中に針を2,3度突き通し、足の根元で玉止め。

 

 

⑧玉止めの近くにもう一度針をさし、ぐっと引くと

玉止めが中に隠れます!

 

 

(無理にやりすぎると生地を痛めるので注意です…)

 

 

 

 

⑨残った糸を切って、ボタン付けが完成です。

 

 

丁寧にすれば玉結びも玉止めも表にでない

きれいな仕上がりになります。

手付ボタンはきちんと縫えば

ミシン付けのボタンよりずっと綺麗で丈夫ですし

最初はコツがいりますが慣れればかんたんです。

ボタンが取れてしまった際は、ぜひ参考にしてください。

 

 

* * *

 

短縮営業時間 【 12:00-18:30 】

(定休日なし・吉祥寺店のみ水曜定休)

※短縮営業期間は当面の間とさせて頂きます