Blog

ブログ

2020.06.18

シャツの接着芯について

【Tailor Fukuoka Shinjuku Blog】

 

こんにちは。

テーラーフクオカ新宿店の長谷川です。

(メンズブログにあまり出現せず申し訳ございません…)

すっかり夏の空気になり、

通勤中もノージャケットノーネクタイの

シャツスタイルを多く見かける季節になりました。

 

そこで今日はシャツの襟の「芯地」について

ご紹介したいと思います。

 

テーラーフクオカ シャツ

 

一般的に、シャツの衿とカフス周りには

表生地と裏生地の間に

「接着芯」という芯地を挟みます。

この接着芯の役割は

着用時の型崩れを防ぐ保形性の効果だけではなく、

耐久度も上げてくれます。

 

シャツの表面には見えないので

スルーしがちですが、

どんな接着芯を使用するかによって

風合いや強度も変わるため

非常に重要な役割を担っています。

 

接着芯の種類は大きく分けて2種類。

「トップヒューズ(完全接着芯)」「ふらし芯(一時接着芯)」

に分かれます。

 

1.トップヒューズ(完全接着芯)

テーラーフクオカでは

コットンポリエステル、形態安定コットンなどの生地を

選んでいただくと基本的にはこちらの芯を使います。

「完全接着」という名の通り、

半永久的に生地に接着します。

そのためアイロンがけなどの手入れがしやすく、

扱いやすい芯地と言えます。

(ご家庭での洗濯向き)

 

 

ふらし芯

 

2.ふらし芯(一時接着芯)

こちらはコットン100%、ハイクオリティコットン等の生地を

選んでいただいた時に使用される芯になります。

 

写真は一度水通しし、

芯地の接着が剥がれた状態です。

赤丸の部分をご覧いただくと

お分かりいただけるかと思います。

 

ふらし芯は

アイロンが少々お手間になりますが、

柔らかなコットンの風合いを最大限に

活かすことが出来ます。

洗いにかければかけるほど

体、特に首周りに馴染む芯地ですので

ハイクオリティコットンでお仕立て頂く際は

ぜひご体感いただきたい部分でもあります。

 

いかがでしたか?

今回は簡単に芯地の種類だけ書きましたが、

お好みに合わせて芯地を「固く」

または「柔らかく」することもできます。

お選びいただいた生地やお仕上がりの雰囲気に合わせて

こちらからご提案もさせていただいております。

もちろん芯地の変更は

あまりお勧めできないケースもございますので

お悩みの際は我々にご相談ください。

 

新宿店 長谷川

 

 

* * *

 

新型コロナウイルス感染症対策としまして

当面の間、営業時間を変更させていただきます。

 

短縮営業時間 【 12:00-18:30 】

(定休日なし・吉祥寺店のみ水曜定休)