Blog

ブログ

2019.09.08

水牛釦のエイジング

【オーダースーツ Tailor Fukuoka Blog】

 

こんにちは

テーラーフクオカ銀座店の豊島です。

 

水牛ボタンのエイジング

 

本日は水牛釦(バッファローホーンボタン)

の経年変化のお話をさせていただきます。

 

よくご注文を承る際に

釦のエイジングについてお話をいたします。

 

粉付き水牛ボタン,ホーン釦

 

削り出しの水牛の釦は

無垢のモノであれば新品の状態は

このように粉付きの非常にマットなものです。

表面もザラッとした風合いです。

 

こういう状態のものほど

使うほどに表面が自然に研磨され

そして手などの油分を吸い

(とりわけフチに)光沢が出てまいります。

下の画像をごらんください。↓

 

 

 

こちらは自身のスーツについていた

どれも使い古した水牛の釦ですが

左下に特に光沢の強いものがあるのが

お分かりかと思います。

 

こちらはスラックスのフロント部分の小釦です。

最も手が触れる小釦だったので

この部位だけこれだけエイジングが進んでいます。

それ以外の釦は袖口などの普段はあまり

触れる機会の少ない箇所のものです。

 

水牛ボタンのエイジング2

 

普段からこのように並べて眺める機会は

あまりないものでしたので

資料になるかと思い写真に収めました。

 

他の天然素材釦であるナット釦も

無垢のものであれば同じような

エイジング効果がのぞめます。

 

水牛ボタンのエイジング3

 

古くから(といっても現在のような水牛釦が

付くようになったのはスーツの起源よりも

ずっと後のことなのですが)高級なスーツに

使われる事が多かった水牛の釦は

ウール生地との相性は

担保されているようなものです。

 

我々も水牛の釦は¥2,000+tax~

ご用意しておりますので

いつもよりオーセンティックな

スーツにされる場合などは

選択されてはいかがでしょうか。

 

銀座店 豊島