Blog

ブログ

2018.11.26

C Model 《チャールズモデル》 デビュー

【オーダースーツ TailorFukuoka Blog】

 

こんにちは

テーラーフクオカ銀座店の豊島です。

 

この12月から我々の

型紙のラインナップに新たに

イングリッシュカットが特徴的な

チャールズというモデルが加わります。

 

C Model ブリティッシュ スタイル

Prestige Line

“Charles-チャールズ-”

Order Suit +20,000+tax

 

これまで本格的なブリティッシュスタイルの

ご用意はしておりませんでしたので

Tailor Fukuokaとしては

久々なブリティッシュスタイルのご提案です。

 

モデル一覧ページも更新しましたので

そちらもご覧ください。

 

Tailor Fukuoka C model チャールズ ブリティッシュスタイル-2

 

最大の特徴はこの構築的な肩です。

所謂、ロープドショルダーと呼ばれる

肩先に高さがあり

男らしい肩の表情が出るショルダーラインです。

 

ブリティッシュスーツ イメージ キングスマン

 

わかりやすい例を出すとすれば

映画キングスマンシリーズにみられる

名優コリン・ファースの肩先の表情です。

 

ブリティッシュスーツ イメージ キングスマン-2

 

二作目のゴールデンサークルでは主演を務めた

タロン・エガートンはロープドショルダーというよりは

ややナチュラルなショルダーラインで

コリン・ファースの肩先のほうが

より構築的なロープドショルダーに

なっておりました。

 

制作サイドもおそらく若いタロン・エガートンではなく

年長のコリン・ファースにこそ

このショルダーラインのスーツを合わせるべきだと

考えたのだと思います。

 

 

Tailor Fukuoka C model チャールズ ブリティッシュスタイル

 

私自身の身体に合わせ

チャールズのサンプルを作成しました。

感想としては陳腐なフレーズにはなってしまいますが

最近のスーツにはない重厚感(昔ながらの総毛芯ですので)と

イタリアンクラシコとは全くもって

種類の違うフィット感でした。

 

Tailor Fukuoka C model チャールズ ブリティッシュスタイル-3

 

アームホールは縦方向に長いスーツらしいカタチながら

全長としては小さめでややタイトな印象です。

スリーブはやや細めなのですが

最近のスキニーフィットスーツのような

部類の細さではありません。

 

ボタン位置は標準的な高さであるものの

やや絞り位置が高い印象ですので

胸からのウエストの絞りまで距離も短いため

シェイプはやや強調されてみえます。

 

個人的に好印象なのは高い絞り位置から

スソに向かい緩やかに広がっていく

ドレープが色っぽいことです。

ロープドショルダーも気に入ってはいますが

一番グッときているのは実はココです。

 

いよいよ12月から

このチャールズモデルが

オーダーいただけますので

イングリッシュカッティングを

ご体感ください。

 

銀座店 豊島

 

 

-----------

 

tailor-fukuoka-facebook 

 

Tailor Fukuoka