Blog

ブログ

2018.03.30

靴ブログ

 

Tailor Fukuoka Ginza  Blog

皆様こんにちは。

テーラーフクオカ銀座店の波多野でございます。

 

久しぶりの靴ブログ。

前回は紐靴の主要なデザインについてお話しました。

今回はその他のデザインについて。

まずはこちら!

 

ペニーローファー

 

皆様ご存知のローファー。

ローファーといえどもペニーローファー、

タッセルローファー、ビットローファーなど様々。

脱ぎ履きが容易であることから「怠け者」の意味も。

アイビールックには欠かせないペニーローファー。

ペニーは硬貨で、写真のように実際に装着

していたことからそう呼ばれるように。

(先輩豊島はほんとに挟んでいます。)

 

タッセルローファー

 

タッセルローファーはポール・ルーカス

という俳優がオールデンに作らせたデザイン。

ローファーの中ではドレッシーで

私も大好きなデザインです!

 

ビットローファー

 

ビットローファーはグッチが乗馬好きの貴族に向け

ホースビットという馬具をモチーフにして制作。

とそれぞれに歴史があります!

ロマンですね!

 

これからの季節はジャケパンの方も多いかと。

冬の重厚なジャケパンスタイルとは異なり全体的に

軽快感のある春夏の

コーディネートには大活躍しますよ!

 

 

次はサイドゴアブーツ。

 

サイドゴアブーツ

 

こちらも有名ですね!

雨の日、長靴でもよく見かけます。

サイドにゴムを織り込んだ伸縮性のある

生地を使用しておりこちらも脱ぎ履きが楽チン。

 

その昔イギリスの王女のために開発され、

その夫もデザイン惚れ着用したのが起源だとか。

当時はフォーマルな位置づけでしたが後に

乗馬時に着用され今ではカジュアルなデザインに。

 

ビートルズやローリングストーンズにも

着用され一時大脚光を浴びたのだとか。

 

ブーツではありますがくるぶしから上はスリムなため、

スラックスと合わせればかなりドレッシーに。

グレンチェック等、クラシックで

ややカジュアルな柄のスーツとの相性は抜群です。

 

 

ドーバー

 

そしてこちらはUチップと呼ばれるデザイン。

アッパーがU字に縫われておりモカシン縫いといいます。

イギリスではエプロンフロントとか

ノルウィージャンとかいいます。

形はエドワードグリーンのドーバー

を代表にシャープなものが多い印象。

 

 

ゴルフ

 

一方フランスはJMウエストンのGolfを代表に

ポテっと丸いカントリー調。

 

 

U字がV字になるとVチップ。

 

Vチップ

 

アメリカオールデンのものが代表格。

(大先輩中野ご愛用です。)

 

全体的には外羽根でもありカジュアルな立ち位置。

トゥが丸くなるとデニム等とも相性◯ですし

シャープだとONのジャケパンと相性◯。

 

最後にチャッカブーツ。

 

チャッカブーツ

 

こちらも皆様良く見るデザインではないでしょうか。

 

ポロ競技で19世紀末頃に着用

されていたブーツが起源だとか。

起源にもわかるようにカジュアルな

デザインですがサイドゴアブーツ同様

シンプルな表情で丈も短く軽快。

幅広くコーディネートできます。

 

また鳩目も2つで脱ぎ履きが容易。

くるぶし部分で紐を締めることが

できるので着用感も楽です!

 

私は連勤で足が疲れてきたときに登場させます。

 

と、ここまで紹介した以外のデザインも

まだございますが今回はこのへんで…

長くなりました…

 

ご拝読ありがとうございました!

 

-----------

コラムや写真など

 コチラから

Tailor Fukuoka

Facebook Instagram

tailor-fukuoka-facebook