Blog

ブログ

2019.10.27

チーフがもたらす仕立てへの影響

 

【Tailor Fukuoka Shinjuku Blog】

 

いつもTailor Fukuoka blogをご覧いただき

ありがとうございます。

新宿店の加藤です。

 

今回はチーフを挿すことによって

もたらされる効果と挿し方をご紹介致します。

 

おそらく多くの方がチーフを挿すこと自体に

抵抗があると思います。

 

ですが、実はチーフを挿すことによって

スタイリングのトーンを落とし落ち着かせることや

もちろんトーンを上げることもできます。

また、挿し方によってスタイリングの幅を

大いに広げることができる

優れたアイテムの一つなのです。

 

 

 

 

リネンチーフ(30×30) ¥2000+tax

 

はじめに有名なTVフォールド、スリーピークスです。

いずれも形からわかるとおり、

非常にドレッシーな印象を与えます。

 

この挿し方をするのであれば素材は

シルクではなくリネンやコットンがおすすめです。

(特にリネンは歴史的観点から見てもクラシカルです)

というのも、シルクの特徴は滑らかさや特有の光沢。

柔らかい為カチッとした形にすることは

シルクの長所を消してしまいますので

こういったスタイルにはハリのあるリネンが適当です。

 

 

 

大判シルクチーフ(40×40) ¥3000+tax

 

こちらはクラッシュドパフ(Clashed puff )

またはパフドブロークン(Puffed broken)と

呼ばれる挿し方です。

 

胸元に適度にインパクトを与え、

フォーマルになりすぎずに

立体感をさらに演出してくれますので

スーツがより仕立て映えします。

こちらの場合はやはりシルクがおすすめです。

 

注意点は、形は作りすぎずに自然な形で作ること。

無造作な形である方が

堅くならずに小洒落た雰囲気が出せますよ。

 

加えて、注目していただきたいのがチーフの大きさ。

写真のシルクチーフは40×40と大判のチーフです。

形も作りやすく、胸元へインパクトを与え

光沢もより強調されるので汎用性も抜群に良いです。

 

もちろんパフでもいいのですが、

ボリュームや現代のスタイリング、

クラシック回帰などを考えると

クラッシュドパフがベターです。

 

 

コットンチーフ ¥1200+tax

リネンチーフ ¥2000+tax

大判リネンチーフ、鹿の子チーフ、

シルクチーフ、Col salto チーフ ¥3000+tax

(多くの種類をご用意しているため一部のみ記載)

 

特におすすめのチーフは今季のシルクチーフ。

先日前田が紹介していたので、

詳しくこだわりを知りたい方は

【インポートシルクチーフ“new”】をご覧ください。

このようにチーフにも挿し方、素材、大きさなどによって

同じスーツでも印象を大きく変化させることが出来ます。

 

上記の挿し方もあくまで挿し方の一つなので

上で申し上げた通り

スタイリングやシーンに合わせて挿すと

一気にスタイリングの幅が広がりますので

、是非お試しください。

 

皆様にお召いただきたい願いも込めて、

Tailor Fukuokaではチーフを

お求めいただきやすい価格で提供しております。

ぜひご来店の際にご覧ください。

 

皆様のお越しをお待ちしております。

 

Tailor Fukuoka 新宿店 加藤