Blog

ブログ

2017.08.28

新入荷ニットタイについて

【 Tailor Fukuoka Ginza Blog】

 

こんにちは

Tailor Fukuoka銀座店の豊島です。

 

先日中野もブログに書いていたように

テーラーフクオカでついに

ニットタイをリリースいたしました。

 

テーラーフクオカ ハイゲージシルクニットタイ

 

「今どきただのニットタイごときで

何を言っているんだ」と

お思いの諸兄も多いでしょうが

後出しでリリースするからには

他のニットタイに負けない

強みがあります。

 

今日はそんな細かなお話…

 

まず見ていただきたいのが

ニットの“ゲージ”と言われるもの。

 

テーラーフクオカ ハイゲージシルクニットタイ-2

 

要するにニットの細かさです。

カジュアルなニットタイはここがローゲージで

独特の編み感を出すわけですが

このニットタイはある意味

そのニットタイらしさは捨てております。

 

ニットタイとしてはかなりの

ハイゲージで編まれているため

恐らく近くでまじまじと見なければ

コレは織りのタイにも見えることでしょう。

 

テーラーフクオカ ハイゲージシルクニットタイ-3

 

そしてもう一つがこの太さです。

一般的なニットタイは5.5~6cmの

ややナローな細いデザインです。

ですがこちらの幅は7cmあり

通常のシルクタイとも

遜色ありません。

(写真右の織生地のタイ幅は8cmです)

 

これが剣先にボリューム感を与え

ノットのディンプルも深く入るので

普段からディンプルを作る方にとっても

いい効果があります。

 

なぜか短く感じることが多いニットタイですが

通常よりも2cm程度長く設定しました。

そのため短く感じてしまうこともありません。

 

テーラーフクオカ ハイゲージシルクニットタイ-3

ちなみに結うとこんな感じ。

 

ノット下部もここまでくびれます。

ネクタイの色気はココだと思うので…

 

 

そして最後のインパクトはコレです。

 

テーラーフクオカ ハイゲージシルクニットタイレジメンタルストライプ-3

 

ニットタイをよく知る人ほど

驚きだと思いますが

ニットでレジメンタルを表現しています。

(レジメンタルとはこのナナメのストライプ柄を指します)

 

編み構造上ニットタイの場合

横縞(ボーダー)にしてしまうことが

ほとんどですが

今回は変則でニットでレジメンタルを表現。

もちろん昔からないことはありませんでしたが

私個人としてはドレス用に向くようなもの

が世の中に少なかったのです。

 

・・・と、このように大それたデザインではないものの

テーラーフクオカとしては少しニッチなところを

突いたつもりでおります。

 

上でもお伝えした通り太さや長さ

そしてゲージもフラットな印象なので

ニットタイはジャケパン時のもの

という概念を取っ払って

3ピースかなんかに

差し込んでいただけると本望です。

「実はこれこう見えてニットタイなんだよね」という

呑み会での安い肴にしていただくのも◎です笑

 

今日はオーダーの話は全くない中

長いブログ、最後までスクロールして

いただきましてありがとうございます。

お気になりましたら

ぜひ店舗にてご覧ください。

 

High-Gauge Silk Knit Tie

¥6,000+tax

 

銀座店 豊島

 

-----------

コラムや写真など

 コチラから

Tailor Fukuoka

Facebook Instagram

tailor-fukuoka-facebook