Blog

ブログ

2019.04.06

見本帳を使わない理由

Tailor Fukuoka Ginza Blog


みなさま、こんにちは。銀座店の嶌野です。



さて、本日は私達が店頭にご用意しております

スーツの生地の話をさせていただきます。



現物生地


店舗へご来店いただいたことのある方はおわかりだと思いますが、

私達のお店には、たくさんのスーツ生地が積み上が積み上がっております。

仕上がったスーツよりも断然生地のほうが多く置いてありますので

生地屋と間違われるほど。



そして、店頭に置いてある生地のほどんどが見本等ではない

お選び頂いた場合に実際にお仕立てする服地です。

スーツ生地 現物



着数も多いので管理は大変ですが

私達はこの「現物商売」で服地を展開しております。




1着分ではない、サンプル用の生地を展示につかっていたり、

バンチブック(見本帳)で商品を展開しているショップもたくさんありますが

そんな中、私達があえて手間のかかる現物で展開しているのには

いくつか理由があります。


まず第一の理由、それは「わかりやすい」から。

これが何よりのメリットだと思いますが、

実際の生地に触れて、質感を見ていただけること

そして仕上がりのイメージが(それでも難しいのですが)付きやすいのです。



それから、第二の理由は「生地のコストを抑えるため」。

バンチブックで展開している場合、基本的にはお客様から注文が入るたびに

生地商社から取り寄せるようになります。

そうなると1着ごとに生地カットのコストと輸送費が…

私達はその手間を省くために自分たちで在庫を抱えております。



その上に縫製のコストものってきますので

一概に生地の種類だけで価格は比べられませんが

コストパフォーマンスに関しては

良いものをご提供させていただいている自信があります。


オーダー慣れしているお客様の中には

生地が見づらい、とおっしゃる方もおりますが

私達はそんな理由で現物商売をさせていただいています。