Blog

ブログ

2019.11.30

オーダーの種類①-フルオーダー編-

【オーダースーツ TailorFukuoka Blog】

 

こんにちは

テーラーフクオカ銀座店の豊島です。

 

オーダー採寸

 

顧客様よりいただくお声で

「フルオーダー、イージーオーダー、パターンオーダーって

どこがどういうふうに違うんですか?」

と耳にいたします。

確かに私もこの業界に身をおいていなければ

きっとよく分からない部分であったと思います。

 

そこで改めてこちらに書かせていただきます。

 

まずオーダースーツの方式というものを

最も簡単に分解するとこの3つです。

フルオーダー(およそ¥180,000~)

イージーオーダー(およそ¥30,000~)

パターンオーダー(およそ¥20,000~)

 

フルオーダーイメージ

 

まずフルオーダーとは

一顧客のために型紙をおこし

仮縫いでのフィッティングを経て

基本的にはハンドソーンにて(ミシンを使用する部分はあるものの)

縫い上げ完成するものです。

(ただし仮縫い=フルオーダーとは理解をしてはなりません。

あくまでもフルオーダーに古くから用いられてきた

フィッティング方法の一部です。

ですからイージーオーダーであっても用いられる場合もございます。)

 

基本的にはとても手間のかかる方法で

フルオーダーでスーツを誂えるいうことは

そのテーラーの技術と手間(そして生地)にお金を払うということ。

もちろん生地によっても、時代よっても違いますが

およそ1~1.5人分の月給を払うくらいのイメージです。

 

納期も仮縫いが入ったとすれば大体2.5~3.5ヶ月。

イタリアのサルトなんかですと半年~1年程度

混んでいれば数年後とかというのも

伺ったことがあります。

 

何年か前にオックスフォード大学の研究論文で

“将来なくなる仕事”に

手縫いによる仕立屋が入り

業界がざわついたのですが

失われる技術は多分にあるものの

おそらくなくなることはないと思います。

趣向性の高い分野ですし

何より若い技術者が一切いないわけではなく

このところのオーダー業界の隆盛で

若い技術者も増えたようです。

 

フルオーダーのノウハウのある人間が

世代的にまだぎりぎり引退は

していない(といっても70歳以上)タイミングですから

技術の継承がなんとか進んでいくといいですね。

 

 

軽く書くつもりがかなり長くなってしまいました。

後日またパターンオーダーや

イージーオーダーについても詳しく

書いていきますので

またご閲覧いただけると幸いです!

 

 豊島