Blog

ブログ

2016.08.19

Made in Japan スーツ生地 メーカーさん

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。

お盆休み期間中は、引っ越し作業に明け暮れて

全く休んだ気がしない福岡です^^;

 

うだるような暑さの中、スーツを買いに来て下さる

お客様の皆様に感謝 m(_ _)m しつつ、

お盆前に実施した社内研修で訪れた

生地のメーカーさんについて書きたいと思います!

 

先日、スタッフブログにも書きましたが、

今回のSTC(研修)では、機場さん3か所

hataba

 

大手の整理工場(写真撮影不可!)1か所に

お邪魔してきました。

 

画像は、昔ながらのションヘル織機で生地を織る

いわゆる「機場」さん。

画像からもお分かり頂けると思いますが、

私からすると、かなりの先輩ですが、

現役で仕事をされています。

 

機場さんの中でも、かなり腕の良いところで、

弊社のスーツ生地も作って頂いています。

が!後継者の方がいらっしゃる訳ではなく、

今後には様々な課題があります・・・。

 

engine 01

 

「生地の匠」に教えて頂かなければ気付きませんでしたが、

こちらの織機の動力源・・かなりの年代物に見えますよね?

 

engine 02

 

なんと、昭和31年に製造されたエンジンが

今でも現役で活躍しています。

こちらのエンジン・・齢60歳!!

 

一口に機織りと言っても様々な作業がありますが、

5000本前後にもなる縦糸を整えたり、

様々な糸を巻き替えたり、

かなりうるさい織機が稼働する中で結構な仕事量です。

手間をかけてゆっくりと織るからこそ良いスーツ生地が

出来るという事が良くわかります!

 

hata ori

熱心に話に聞き入る弊社のスタッフ・・・

は、横に置いておきまして^^;

個の画像の雰囲気からも、様々な部品や行程が

ある事をご想像頂けるのではないでしょうか?

 

何回か訪れた事のある老舗のメーカーさんでは、

若い人が「ゼヒ」っと入社して来ているそうです。

そんな若い人たちが、来て良かった、やって良かったと

思えるような仕事、業界になって行きたいです。

 

-----------

コラムや写真など

 コチラから

Tailor Fukuoka

Facebook Instagram

tailor-fukuoka-facebook tailor-fukuoka-instagram