オーダー礼服

オーダー礼服

大人のたしなみ

オーダー礼服

正礼装

レンタル衣装も意外と高いもの、1回レンタルする程度の価格でもお仕立できますので、
2回以上着 用する可能性があれば、お買い得です。

礼服の価格

弊店では礼服用の黒素材は通常のスーツ素材とは分けてご用意しております。 長い期間お召いただけるようウエストの増減に対応するアジャスターをつけることも可能です。
タキシード・モーニングは、表示価格プラス「オプション料金」の合算金額を「お納め価格」としています。ディレクターズスーツはジャケット価格、パンツ価格の合算表示をしています。ベストは含まれません。

オーダーブラックスーツ(略礼服)

【お納め価格】 ¥29,000~¥99,000(税抜)
本来、欧米では弔辞以外でのドレスコードにはブラックスーツはありません。
ただ、日本においては『結婚披露宴などでブラックスーツ』はもはや暗黙の了解です。国内では日常的なシーンは殆どこの略礼服で対応できます。最近のフォーマルスーツはシングルブレストのスーツが主流となっています。

◎着用のルール
共布のベストやシルバーベスト(弔辞を除く)などとの合わせも可能。格式の高いパーティーでもない限りどこにでも使える万能ブラックスーツですが、 白のドレスシャツ(ボタンダウン等は不可)、靴を黒の内羽式ストレートチップにするなど、基本を押さえましょう。本来ポケットチーフを挿すものですが弔辞ではチーフはタブーです。

オーダーディレクターズスーツ

【お納め価格】 ¥48,000(税別)~
モーニングに次ぐ昼間の準礼装です。弔辞を除き、昼間の式や披露宴、ほとんど のウェディングではこのディレクタースーツが使用できます。主賓クラスの方に求められるワンランク上の装いです。

◎着用のルール
ジャケットはシングル、ダブルどちらでも良く、ブラックが基本です。
スラックスはコールズボン(縞ズボン)で裾はシングルカフ。シングルジャケットに合わせるベストはシルバーグレー・かベージュまたは白、タイは白・シルバーまたは白黒ストライプがセオリーです。シャツはウィングカラーまたはセミワイドカラー(ボタンダウン等は不可)、靴は黒の内羽式ストレートチップまたはプレーントゥでも可。ポケットチーフは白無地で嫌味のない挿し方で。

  
オーダータキシード

¥43,000+ブラックスーツ価格 【お納め価格】¥72,000(税抜)~
燕尾服が義務付けられる正式な式典でもない限り、最もスタンダードな夜間の礼装です。“ブラックタイ”の指定がある場合、タキシードの着用は必須です。最大の特徴として、着こなし方によっては正・準礼装のどちらとしても着用できる点が上げられます。
◎着用のルール
・正礼装の場合
招待状にブラックタイの指定のある場合です。フルドレスとも呼ばれます。 タキシードジャケットに側章(1本)の付いたパンツを合わせます。裾はシングルカフ。・立襟(ウィングカラー)シャツに蝶ネクタイ・カマーバンドを合わせます。 白と黒で統一させるのが基本です。チーフなどもお忘れなく。
・準礼装の場合
上記の内、何点かをカジュアルにしたものです。グレーを使っても構いません。蝶ネクタイとカマーバンドの色や柄を合わせると統一感が出ます。

オーダーモーニング

¥73,000+ブラックスーツ価格 【お納め価格】¥102,000(税別)~
別名カッタウェイ・コートとも呼ばれる、デイタイムにのみ用いられる正礼装です。
日本では結婚式において新郎新婦の実父が着用することが多い礼装となっていますが、厳密にはモーニングでなければならないのは、叙勲、授章などで宮中に上がる時などのごく限られた場合です。

◎着用のルール
必ずモーニング、ベスト、コールズボンの三つ揃えで着用します。シャツは立襟(ウィングカラー)モーニング・タイ、サスペンダーを用います。


ページトップへ