クリースくっきり紳士の嗜み

【オーダースーツ Tailor Fukuoka blog】

 

春眠暁を覚えずとはよく言ったもので、

まだ頭の中が眠りこけている

状態で旅支度に入る日々が続きます。

スラックスはパジャマを脱いでから履きましょう。

 

皆さま、こんにちは。

銀座店のハルウララこと斉藤です。

 

東京では桜も散り始め、

いよいよ春めいた陽気になりつつあります。

帰りがけ、家の近くの公園で

夜桜を拝むことが出来ましたが、

本腰を入れたお花見は未決行です。

しかしながら、

今時期の葉桜を眺めながらの一杯も悪くありません。

枝の茶と、葉のみどりと、空のあおのコントラスト。

想像しただけでもお酒がすすみます。

・・・はい。私斉藤、お酒も弱く、日差しも苦手なので、

お酒も、気もすすみません。ごめんなさい。

 

というわけで今回のご紹介はこちら。

 

DSC_0413

Option:Super Crease

\2,000(+tax)

 

そう。大好評いただいております。

スラックスオプションメニューのひとつ

「スーパークリース加工」。

 

なんじゃい藪からスティックに横文字を並べやがってと

非難ごうごうなんのその。

つまりはスラックスの中心に入る折り目(クリース)を

より消えにくいものにする加工であります。

 

DSC_0411

 

↑写真のようにクリース内部に特殊な樹脂を

塗ることによって半永久的に形を保つことができます。

これから暖かくなるにつれて

ゲリラなにがしに襲われ、

ずぶぬれになる際にはもってこいなわけです。

 

DSC_0415

 

センタークリースはいつも

パキッと決まっていることが

スーツを着こなす紳士の嗜みでもあります。

ぜひこの機会に試されてみてはいかがでしょうか。

 

※スーパークリース加工はスーツ到着後の

外部発注となるため、通常納期より約1週間ほど

お時間をいただいております。

何卒ご了承くださいませ。

 

-----------

コラムや写真など

 コチラから

Tailor Fukuoka

Facebook Instagram

tailor-fukuoka-facebook tailor-fukuoka-instagram

日時:2016年04月14日 16:50